スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

お宮参りの娘のきもの

2012年05月16日
お宮参りでの娘のきもの、購入するまで色々悩みました。

大体予算5~6万くらいで考えていて、
妊娠中からネットで色々と見ては参考にしていたのですが、
いいなーと思ったのは黒地の初着。



↑かわいいなあと思ったのですが、母に反対されて保留にしている間に売り切れ。

生まれた娘の顔を見て、粋な黒より女の子らしい普通のピンクかなあと思い


こちらのピンクの絞りの初着を候補にしていました。

姉の用事につきあって実家の近くの呉服屋(モデルの藤澤恵麻さんの実家だそう)に行ったとき、
実際に初着を見せてもらいました。
すすめられたのは真っ赤な絞りの初着。
色が鮮やかな深紅で、とても素敵でした。
赤も悪くないと思ったけどちょっと予算オーバーだったのでこちらも保留。

次に私の持ってる訪問着か留袖に似たような感じのもいいかな、とも思い、
今度は友禅でネット検索。



型友禅でお値段もお手頃。

悩んだけど、どうせなら手描き友禅がいいと思い、
少々予算オーバーしたけど、決めたのはハイこちら!

IMG_3766_convert_20120515210242.jpg

IMG_3752_convert_20120515210635.jpg
IMG_3759_convert_20120515211131.jpg

加賀風の京友禅だそうです。

実際の色はもっとピンクが強くて、
「思ったのと違う!もっと落ちついた色がよかったのに!」
と夫にグチったら
「アンタが着るわけじゃないんだから」
と言われ、「あ、そうね...。」と納得。

幼い子の着物だから、このくらいはっきりしたピンクのほうが、
可愛らしいし、写真うつり的にもいいのかも、と思い直しました。



こうやって思い返してみると、古典的なものばかり選んでるようですが、
これも候補に入ってました。↓

芦田愛菜ちゃんの印象が強いjapan styleの着物。
写真館の広告でもよく見るから、きっと撮影のときに映えるに違いない...。
お安くなってるし、わりとグラグラ揺れた。

ピクチャ 5
これって若い母コンプレックス...?



120217_16347E02.jpg
届いた日に寝ている娘にそっとかけてみました。














スポンサーサイト
イベント | Comments(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。